小粒ゲーム紹介80:6180 the moon

韓国のゲーム開発スタジオ、Turtle CreamとPokpoong Gamesによるゲーム「6180 the moon」の紹介。

一言で:6180 the moonとは
画面の上下が繋がった難易度高め2Dプラットフォーマー


概要

  • ジャンル:2Dプラットフォーマー
  • 開発者:Turtle Cream、Pokpoong Games
  • リリース日:2014年9月19日
  • 価格:通常時398円、セール時155円、Xbox One版432円、その他は400円
  • プラットフォーム:SteamXbox Series X/SXbox OneSwitchWii U3DS
  • 日本語:有
  • マルチプレイヤー:無
  • コントローラー:使用可
  • プレイ時間:1~2時間
物語性 ★★★☆☆
ゲーム性 ★★★★☆
難易度 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆
理不尽度 ★☆☆☆☆

 

こんな人にお勧め

  • プラットフォーマーが好きな人

 

ネタバレなし解説

ゲームについて、以下ストアページより引用。

画面を穿つスーパージャンプを楽しんで下さい! 6180 the moonは独創的なメカニックを持っているプラットフォーマーゲームです。上/下段を繋ぐ空間はあなたにとても新鮮なゲームプレイを与えます。あなたはゲームの中で死ぬ恐怖なく限りない高いジャンプを経験出来ます。

このゲームは、上記ストアページ説明文でほとんど説明される。2Dプラットフォーマーで、画面の上下が繋がっているということが特徴となっている。なお、割合難易度は高めな方なので、プラットフォーマーに慣れていない人は注意。

ストーリーについて。「消えた太陽を月が探しに行く」というもの。ただ、内容はそこまでシリアスではなく、どちらかというと童話のような感じ。

6180_moon
主人公が「月」というのはなかなか珍しい。

操作について。左右への移動とジャンプが基本となる。よくある2Dプラットフォーマーといえる。

ゲーム性について。この点もよくある2Dプラットフォーマーらしく、ゴールを目指すというもの。そこに独自要素として、画面の上下が繋がっていることが加えられる。
画面の上下が繋がっているため、落下しても画面の上から落ちてくるし、逆もそうである。しかも、主人公である「月」のジャンプ力は非常に高いうえ、ジャンプ力が一定なため、ジャンプ力調整のために、わざと画面の上下を使う必要が出てくる
なお、もちろんステージには障害物があり、触れると一発でアウトである。幸いチェックポイントがそれなりに用意されており、難所の後にはたいていあるので、安心してプレイできる。

6180_screen
画面の上下が繋がっているため、このようなことができる。

総じて、それなりな2Dプラットフォーマー。確かにジャンプ力の高さや、画面の上下のつながり、それらを生かしたステージ構成などは良いのだが、それでも物足りなさがある。それにはコスパが悪めということもあるが、もう少し何かがあればなと思う。
それでも、プラットフォーマーが好きなら一度は遊んでみても良いと思う。


ネタバレあり感想

※ここから先ネタバレあり、それでもいい方はスクロール

それではネタバレありで感想を書きます。
まずはストーリーについて。「太陽が消えたと思っていたが、実はずっといて、月が沈まないから太陽が現れなかっただけであった。それを知った月は、自分が沈む=消えることで、再び太陽が昇ることになった。その後、今度は月が昇り、代わりに太陽が沈むこととなった。」といったあたり。
非常に童話チックな展開で、道中遭遇する惑星のキャラクター付けもなかなかに良い。

6180_sun
太陽のしずくのシステムも、このゲームならでは。

操作について。上述したもの以外に、「太陽のしずく」を使ったアクションがある程度。割とシンプル。

ゲーム性について。惑星ごとにギミックが追加されるが、このギミックもなかなかに良い。ステージ構成もなかなかに良い。また、太陽に到達した後、今度は逆向きになるというのも良い。それだけに、やはり短さが気になる。太陽系をテーマにしているのだから、地球より外側をテーマに、おまけのステージか何かがあるのかなと期待もした。

全体的には良いプラットフォーマー。短さについても許容範囲ではある。