小粒ゲーム紹介100:Portal

アメリカのゲーム開発スタジオ、Valveによるゲーム「Portal」の紹介。

一言で:Portalとは
ポータルを活用した名作一人称視点アクションパズル


概要

  • ジャンル:3D一人称視点アクションパズルゲーム
  • 開発者:Valve
  • リリース日:2007年10月10日
  • 価格:通常時600円、セール時60円、Xbox 360版1,543円
  • プラットフォーム:SteamXbox 360
  • 日本語:有
  • マルチプレイヤー:無
  • コントローラー:使用可
  • プレイ時間:3~4時間
物語性 ★★★★★★
ゲーム性 ★★★★★★
難易度 ★★★☆☆
コスパ ★★★★★
美しさ ★★★★★

 

こんな人にお勧め

  • パズルゲームに拒否感のない人

 

ネタバレなし解説

ゲームについて、以下ストアページより引用。

Portal™ は Valve が新たに開発した、シングルプレイ専用の新感覚ゲームです。ゲームの舞台は謎に満ちた Aperture Science 社の研究施設です。独特のゲームプレイはくせになることまちがいなし。またこのゲームは、近年最高の革新性を持つゲームのひとつと評されています。(以下省略)

もはや説明など不要な超名作ゲーム「Portal」。本来であればもちろん紹介しないのだが、今回はなんといっても小粒ゲーム紹介100回目であるため、記念も兼ねて紹介。
このゲームは、管理人がSteamを導入して3つ目に購入したゲームで(最初の2つはSerious Sam)、ある意味本ブログ開設に至る原点でもあると言える。

ストーリーについては、スタート時点ではほとんどが謎に包まれた状態で始まる。ただし、ストーリー自体は非常に凝っているものとなっている。

portal_intro
現代の基準でもなかなか美麗なグラフィック。もちろん低スペックPCでも動く。

操作について。前後左右への移動とジャンプ、しゃがみ、物をつかむ/離す、そして左クリック/右クリックでポータルの射出となっている。

ゲーム性について。基本的には、部屋の謎を解いて先へ進むの繰り返しである。
このゲームで重要になるのは、「ポータル」である。ポータルは、青とオレンジの二色で構成されており、この2つの間を行き来することを活用して先へ進むことになる。単純に普通ではたどり着けない場所に行くのにも使えるが、その活用方法は非常に豊富。具体的にはプレイしてもらいたい。

このゲームについては、「Steamを導入したらとりあえず買っておけ」と言われるほど、基本的には誰にでもおすすめできるようなものとなっている。実際、当ブログを訪れる人のほとんどはプレイ済みであろう。もし、プレイしたことがない人がいるのなら、「とりあえず買っておけ」。

100回記念で特別記事を書いています。よろしければご覧ください。